ハイスペックPCを持っていなくても、1時間200円でoverwatchがハイスペックで快適なプレイができる!?

少し古いですが、こんな記事を発見してしまいました。

クラウドサービスMicrosoft Azure経由でゲームを楽しむという新しい試みです。クラウド上でゲームを起動及び動かし、その処理結果を目の前の端末で楽しむという仕組み。処理系は全てクラウド上のハイスペックなサーバがやってくれるので、端末側の処理はほとんどない(動画受信と、操作の信号送信程度)です。

問題点としては、クラウド上に仮想マシンを構築することができるかというところ。どうしても高度な技術が求められてしまう。

クラウド上に仮想マシンを構築して、レンタルさせるようなサービスを行う人が出てきたら、だれでも安価で快適なプレイ環境を手に入れることができるということになります。

そうした新サービスがどんどん出てくれば日本のインターネットゲーム人口も増える事でしょう。

ココロに届いたらシェア!