アイカフェ潜入捜査!レポート in 札幌【esportsライター活動日誌2】

esportsライター活動日誌 第2弾!

今回はアイカフェ潜入捜査!ということで、札幌にあるアイカフェセンチュリーロイヤルホテル店をレポートしたいと思いますっ!(いやー千葉から遠い!!)

アイカフェとは、ネットゲームに力を入れたインターネットカフェです。一番有名なのが、秋葉原にあるアイカフェ。そのアイカフェをゲームの大会が行われるほどネットゲームに力を入れています。

さて今回は、札幌店にお邪魔しました。

外観

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-23-0-32-24

まずは概観から。

外観はおしゃれなカフェのような雰囲気。みどり色の文字で「アイ・カフェ」という文字が印象です。

早速なかへ入ってみましょう!

受付

入るとすぐ目の前に受付があります。その受付のカウンターの上にデカデカとポスターが。何かと思ってみてみると、、、

入会金 今だけ!! 0円」の文字が目に飛び込んできました。しかも11月30日までと期間限定みたいですっ!まだアイカフェの会員になっていない方はこのチャンスを逃さずお早めに!ちなみに通常の入会金は1000円です。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-23-0-35-27

料金プラン

料金プランは下記のとおりです。ちなみに、受付時に「ゲームがしたいですっ!」といったら普通にネットゲームパックを選んで処理を進めてもらえました。

price_l

ネットゲームパックの席は「個室」と「オープンスペース」の2つあり、わたしはオープンスペースを選びました。

中は結構広々としていて「結構広いんだな」と感心。北海道だから土地が余っているのかな?と思いましたが、札幌駅から5分圏内なので、相当お金かかっているんだなと恐れおののきながら、指定された席へ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-23-0-37-29

オープンスペースはお隣との壁はなく、オフィスで机を並べている感覚でした。ほかの個室の方とも部屋が違うので、音を気にせずプレイできる環境にありました。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-23-0-37-11

マシンスペックと周辺機器

マシンスペックと周辺機器は下記のとおりです。

000001
周辺機器

マウス:G402 HYPERION FURY

キーボード:G310 ATLAS DAWN

ヘッドセット:Syrround Sound

※席においてあるものではなくレンタル(無料)が必要です。

プレイできるゲーム

プレイできるゲームが下記のとおりです。

%e5%af%be%e5%bf%9c%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0%e4%b8%80%e8%a6%a7

わたしはここで重大なミスを犯したことに気づきました!!

それは、「OverWatch」がプレイできないっ!

インターネットカフェなので、無料のゲームしかプレイできませんでした。。。((大久保のeSports cafeを見ていたわたしはプレイできるゲームなんで気にしていなかった・・・。))

なので、SuddenAttackをプレイしました。

プレイした感じは重たいとかラグがあるといったことはほとんどなく、快適にプレイすることができました。まぁ、たまに食事を選ぶアプリケーションが前面に出てきてあせることはありましたが、そんなに問題なかったです。

追記(2017/08/08)

のちのち知ったのですが、overwatchのクライアントをインストールしても良いそうです。

インストールするときは店員さんに声をかけてから実施してください。

※ちなみにクライアント自体はフリーで落とせます。

まとめ

ハイスペックPCを持っていない人でもネットカフェに来れば快適にゲームがプレイできるのはよいですね。

さらに”このマウスほしいけど、実際に使ってみてから買いたいなぁ”という人には一度ネカフェで使ってみてからという選択肢ができるので安心してマウスやキーボードを購入できるのはいいですね。

しかし、Japan eSports LeagueでOverWatchが選ばれたことですし、全国のネカフェにはプレイできる環境にしておいてほしいものですね。(怒

以上、関東からわざわざ札幌に来ての突入レポートでしたっ!

ココロに届いたらシェア!