ガリガリがマッチョになるための最大の要因は食べる回数にある

太りたいのに太れない。

これを言うとほとんどに人から非難を浴びます。

ただ、本当に太れないんです。

誰に弁明しても「羨ましい」とか「嫌味かよ」など言われるだけで、こちらの悩みを聞いてくれる人がいません。

悩みを打ち明ける人がいないことが悩みだったりもしました。

ただ、その悩みはもう僕にはありません。本当に太れる方法を見つけました。

いくらプロテインを飲んでもマッチョになるどころか太ることがさえ出来なかったガリガリの29歳の僕がたどりついた体重を増やすための本当のコツをお伝えします。

どのくらい増えたかというと、1ヶ月で6kgの増量(55kg→61kg)です。これまで1キロも増えたことが無かったのに、たった1ヶ月で6kgも増えました。

そう聞くと怪しい薬とか飲んだんでしょ?と思われそうですが、そういうものはありません…。

僕が増量を成功させたカギは「食事量」ではなく、「食事回数」を増やすこと。

たったこれだけですが、詳しく内容をお話していきます。

ガリガリが筋トレしても筋肉がつかなかった原因は「吸収率」

そもそもなぜガリガリは筋トレをしても筋肉がつきづらいのか。

それは他の人と違って、モノを食べたときの吸収率が低いから。

同じ量の食事をしても吸収率が低く、ご飯が腸で吸収され身になる量が少ないので、ほかの人より身体が小さくなってしまいます。

吸収率が低いので食べる量を増やす必要があります。しかし、胃が小さくて一度に大量に食べられない。

僕もそうでしたが、無理して食べようとすると気持ち悪くなってしまい食事をすることが嫌になり、だんだん食事を摂らないようになってきます。

そうなると身体を大きくするどころか、むしろ小さくなっていく事すらあるのです。

1日6回の食事で身体を大きく

ならばどうすればいいのか。

一度に大量に食べられないのであれば、食事をする回数を増やしトータルで食べる量を増やしていくのが正解です。

具体的にどのくらいの回数にすればいいかというと一日に6回の食事を摂るようにしましょう。

一日に6回も食事をするなんて、そんなに食べられないよ。と思うかもしれませんが、1回の食事は少量でいいんです。むしろ胃に負担にならないよう抑えめで食べた方が効果的。

朝昼晩の3回の食事の間に「間食」を入れるイメージで回数を増やす。間食で食べるモノはプロテインバーやプロテインドリンク1杯で十分。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4fa080558309b23b63706c6a94d6c186.jpg
6回の食事スケジュール

これまで通りの食事にプラスして間食を身体に摂取しているので、その分だけ体が大きくなっていきます。

僕の場合の間食は、9時にカステラor大福、15時にプロテインバー、20時にオートミールです。

9時と15時は出勤しているので持ち運びしやすいものになってきてしまうので、カステラや大福、プロテインバーといった片手で食べられるもの。20時には大体帰宅しているので、寝る前最後の食事としてオートミールを摂取しています。

ただ食べてもダメ。体を大きくするときの注意ポイント

1日でもサボるとせっかくの筋肉がなくなってしまうので注意する。

1日でもサボってしまうとというのは言い過ぎですが、サボってしまうとその分だけ効果がなくなってしまいます。

十分な栄養が入り続けないと、摂取した栄養がエネルギーに変換されて消費されてしまいます。その結果、十分な栄養が入り続けないと、摂取した栄養がエネルギーに変換されて消費されてしまいます。その結果、筋肉になる分の栄養もなくなっていくら筋トレしても無駄になります。

3日くらいサボるとその分筋肉がなくなってしまいます。せっかく鍛えた筋肉がなくなってしまうのは悲しいですよね。

「筋肉は1日にしてならず、欠かしてもならず」を忘れないようにしましょう。

カタボリックに気を付けろ

食事と食事のあいだに時間を空けすぎてしまうと、筋肉がエネルギーに変換されて筋肉がなくなってしまう。

僕たちの身体の中にエネルギー源が不足してしまうと、身体はエネルギーをを作るために、筋肉分解して糖質などのエネルギーにしてしまいます。

筋肉を分解して変換しているので、当然筋肉量は減っていきます。

なので、カタボリックにならないようにするために食事と食事の間に時間を空けすぎないようにしましよう。寝ている時は食事を摂れないので仕方ないですが、4時間以上あけないようにこころがけましょう。

筋トレしないと筋肉は増えない

当たり前ですが、ただ食べるだけではなく、筋トレも欠かさず行わないと筋肉は増えない。

筋肉が増える仕組みは、トレーニングで刺激を受けた筋肉が、筋繊維の一部が傷つきます。そのあと食事や休息を与えることによって、傷ついた筋肉は修復されます。

このとき筋繊維は以前よりも少し太くなって修復されていくので筋肉が大きく成長していくのです。

筋肉に刺激を入れて筋繊維を傷つけなければ成長することがありませんので、筋トレをしないと筋肉が増えません。

なので、食事だけではなくこれまで通り筋トレを継続して続けていきましょう。

まとめ

ガリガリが筋肉をつけて増量するカギは「食事回数」を増やすことだというテーマでお話しました。

一日の食事スケジュールを決めて守ってさえいれば、意外と簡単に増量することができます。

大型トラックに乗るために合宿で免許を取りに行ったとき、規則正しすぎる生活をしていました。

朝昼晩の食事が食堂で出ていたのでそれを食べて、それ以外の間食をオートミールで補強していくやり方です。

このやり方だけで1ヶ月で6kgも筋肉を増やすことができました。

特別筋トレするメニューを変えたとかいうのはありません。一日20分くらいしか筋トレしませんでしたので…負荷を増やしたり強度を上げたりせず、今までと変わらない筋トレをしていても効果が出ました。

本当に食事だけで身体が変化していくの毎日チェックしていると楽しくなってきます。

何を食べたらいいかというのは人それぞれかと思いますが、僕の場合はオートミールが一番体に合っていました。

オートミールに牛乳だけだと食べれたもんじゃありませんでしたので、オートミールに砂糖大さじ2杯、豆乳(オートミールが浸るくらい)、ブルーベリージャム大さじ1杯で2分間レンジでチンするとおいしく出来上がります。

ぜひ試してみてください。

筋肉がついたマッチョを目指して頑張りましょう!

ココロに届いたらシェア!

コメントを残す