【後編】休暇村 嬬恋鹿沢キャンプ場に行ってきた|豪雨で思い出に残るキャンプ

どうも、最近趣味でキャンプを始めたフリーランスのチョコ( @chocolatefox_)です。

7月上旬の土日に群馬県にある休暇村嬬恋鹿沢キャンプ場にいってきたレポ後編です。前編ではキャンプ場についてキャンプサイトのレポをしてきました。着火剤を持ってくるのを忘れるハプニングがありました。後編は夕食からスタートです。

前編をまだ読んでいない方は、こちらからご覧ください。

【前編】休暇村 嬬恋鹿沢キャンプ場に行ってきた|豪雨で思い出に残るキャンプ

2019.09.11

焼くだけの夕食でもうまい!

木炭に火をつけたらさっそく夕飯づくり。

夕飯づくりといっても、はじめてのキャンプなのでただ焼くだけです。

まずは、行きがけに買ってきた焼き鳥

ネギマとモモの2種類だけですが、炭火でじゅうじゅう焼いていきます。

じゅうじゅう。

はいっ!できあがり。

これがただ焼いただけなのにうんまい。

炭火効果と外ごはん効果で本来のうまさより数倍うえのうまさ。

あとは漬物やソーセージなど、そのまま食べたりただ焼いて食べたり、おなかがほどほど満たされたその矢先に…

「グオォォォォォオオオ」

豪雨

食事を楽しんでいたら、突然の豪雨。

急いで荷物をまとめてテントの中へ避難しました。

地面に打ち付ける雨粒の音がザァーーーーッとなるのを聞いているだけでなんだか癒されました。

突然の雨で気分は下がり気味だったのですが、雨の音を聞いていると不思議と安らいだ気持ちに。

雨音を聞き入っていたら、二人とも寝てしまいました(笑)

キャンパーは早起き?

キャンパーは早起きなのでしょうか。なぜだか私は朝4時30分に目が覚めてしまいました。

朝になると雨は降りやんでいて、辺り一面にモヤがかかっていました。

雨が上がってよかった。

私たちの朝は意外と活動的です。

朝起きたらやっぱり朝ごはん。ほとんどキャンプのときはしゃべるか食べてるかしかしてない気がしますが、キャンプごはんは普通のごはんよりおいしく感じるので、ついつい食べてしまいますね。

空気が気持ちい朝の散策

朝ごはんを食べたら、散歩です。

夜の雨のおかげで、植物がつややかに見えますね。

道端になぞの巨大葉っぱも。

キャンプ場の中を流れる小川

なんだかわからないが、可憐な白い花(植物に詳しくない…)

管理棟にある星空見張り台

他のキャンプサイトもパシャリ

雄大な朝の山

うっすら朝焼けも見えますね。

30分ほど散策も満喫しました。やっぱり標高1400mの澄んだ空気がより一層澄む早朝の散歩は気持ちがいいですね。

あとがき

着火剤を忘れてしまったり、突然の豪雨で急いでテントに避難したりと色々ありましたが、いまではいい思い出です。

今回のキャンプで気分がスッキリしてまた日常を頑張れそうです!

というわけで今回のキャンプはおわり。

今回使用したテント

「グぉおおおおおお」と降った雨でも浸水どころか、私たちに眠気を誘ったテントはこちら。

ココロに届いたらシェア!