FACEIT Global Summit:PUBG Classicをデータで振り返る

先週6日間かけて行われた大会FACEIT Global Summit:PUBG Classicをデータで振り返ろうと思います。

FACEITとは?

そもそもFACEITとは、eスポーツ大会を容易に開催するためのツールを提供しているサービスです。

PUBG以外にもCS:GOやDOTA2の大会用のツールがあります。

そのFACEITを提供している企業が主催したPUBG大会がFACEIT Global Summit:PUBG Classicです。

本大会は、グループステージ(予選)、エリミネーションステージ(敗者復活戦)、グランドファイナル(決勝)の3ステージありますが、今回データで振り返るのはグランドファイナルのみになります。

データで見る「FGS PUBGグランドファイナル」

決勝へ出場したのは予選、敗者復活戦を勝ち抜いた16チーム

チーム名略称
Ninjas in PyajamasNIPスウェーデン
Shiit To killSTK北アメリカ
Team VSGVSG韓国
Afreeca Freecs FatalAFF韓国
Team LiquidTL北アメリカ
Four Angry Men4AM中国
Tempo StormTS北アメリカ
Armory GamingAGタイ
17 Gaming17G中国
EnvyENV北アメリカ
OGN EntusForceOEF韓国
IncognitoINCオーストラリア
OP RangersOPR韓国
Cloud 9C9北アメリカ
WinstrikeWINロシア
Aerowolf Team OneAW1インドネシア

16チームが2日間かけて12試合行いました。MAPはErangelとMirammerの2マップをそれぞれ6試合。

また、勝敗はポイント制で行われ最終的に「順位ポイント」と「キルポイント」を16試合でより多く取ったチームが優勝になります。

キルポイントは1キルごとに1ポイント。

順位ポイントは1位(ドン勝)が10ポイントで下位順位は下記の通りです。

順位ポイント
1位10
2位6
3位5
4位4
5位3
6位2
7位1
8位1
9~16位0

ここまでがデータで分析するまでに必要な基本ルールになります。

最終順位

最終的な順位とトータルポイントはこちらです。

順位チームトータルポイント
1OPR101
2STK97
3TL86
4OEF86
5AG84
6VSG84
74AM80
8AW169
9WIN56
10INC53
11TS53
12C952
13NIP52
14AFF51
1517G50
16ENV39

累計ポイント推移

累計のポイント推移はこの通りです。

ご覧のとおり、優勝したOPRはラウンド3からトップを維持し、ラウンド8までは2位との差を広げています。

ラウンド10で2位に追いつかれますが、最終ラウンドで僅差で優勝をきめました。

ここで面白いのが、最終順位2位のSTKです。

STKは前半、全くポイントが取れず最下位争いをしていましたが、ラウンド4からポイントを稼ぎ、ラウンド9では26ポイントを一気に獲得しています。

また、OPRはすべてのラウンドでポイントを獲得していて毎試合平均的な強さを発揮しているのに対し、STKはゼロポイントだったラウンドが3回もあります。

逆に15ポイント以上のラウンドが4回あり、全チームで最多。

STKはハマれば強いチームだということがわかります。

順位変動

ラウンド毎の順位変動は下記の通り。

ラウンド1で1位だったAFFは最終14位、ラウンド1で2位だったENVは最終16位という結果になっています。

反対に、ラウンド1で13位だったSTKは最終2位まで順位をあげていて、ラウンド毎の順位変動が激しいのが分かります。

AW1は、たった1ラウンドで7つ順位をあげています。

PUBGの大会でドン勝を取るのがいかに重要なのかが分かります。1ラウンドですべてがひっくり変える可能性があるのを物語っています。

1ラウンドで獲得できる最大ポイント

ラウンド毎の全チームのポイント合計は下記の通りです。

全チームのポイント合計は平均して90ポイント程度です。

変動がある部分は、自滅やパルスなどによって倒れた場合、他チームがキルポイントを獲得できないということがあり、変動があります。

1ラウンド90ポイントのうち、今大会のラウンド最大ポイントはSTKのラウンド9の26ポイント。

ここでもいかに爆発力があるかが分かりますね。

この爆発力が最終ラウンドまで結果がわからず、最後までドキドキ観戦できるんだと思います。

まとめ

FACEIT Global Summit:PUBG Classicをデータでざっくり振り返りました。

  • 優勝チーム OPR 101ポイント
  • 優勝したOPRはラウンド3から1位を維持
  • OPRは継続的にポイントを獲得
  • 1ラウンドでの最大獲得ポイントはSTKの26ポイント

次回は上位チームと下位チームの差はなんだったのか?データで分析していきます。

ココロに届いたらシェア!




ファンを作ってプロゲーマーとして活躍しませんか?
インタビュー企画

e-BAでは、プロゲーマーを応援する一環としてファンへのアピールする企画「プロゲーマーへのインタビュー」を行っております。あなたのファンを作るため、またファンのためにあなたをアピールするためにこのような活動を行っております。