勝手にランクづけ!TWITCHプロ配信者はだれだ?

毎日TWITCH配信を見ている私ですが、どの配信者が有名なのかがいまいち不明瞭な部分があります。

どこからどこまでがプロの配信者なのか

ということ。

スポンサーを受けていたらプロ配信者だ!という意見が圧倒的に多いのだが、その配信者の配信が数人しか見ていなかったら、本当に”プロ”と呼べるのだろうか。

私は否だと考えます。

たとえその配信でスポンサーを受けてお金をもらっていたとしても、実力(視聴者数)が低ければ、広告効果がなければ集客効果が無い。

つまり、その配信にお金を払うほどの価値がないのです。

そこで今回はどういった人がプロの配信者なのかの基準を決めたてお伝えしたいと思います。

結論から言うと「視聴者数」が基準になります。

プロ配信者の基準とは

では、どこからどこまでがプロ配信者なのでしょうか。

さらにどこまでがセミプロで、どこからがアマチュアなのか。答えはこちらです。

  • プロ配信者:1000人以上
  • セミプロ:100~999人
  • アマチュア:10~99人
  • 一般:0~9人

あなたが好きな配信者さんはどこにランク付けされているでしょうか?

この数字の根拠はお金です。

やはりプロであれば、配信だけで生活できるレベルの収入が配信業から得られるはず。そして、最低限生活していくのに必要な月収はおよそ10万円程度。

「借金をしている」とか「家族を養っている」などという人は事情が変わってきますが、そうでなければ生活費は10万円あれば生活できます。

なので、「配信業だけで月10万円稼いでいる」人はプロ配信者と呼べるというのが根拠です。

1000以上視聴者数がいる人は月10万円

月10万円を配信から得るためにはどうしたらよいか。

週に5日、そして一日8時間配信していると仮定しましょう。一般的な会社員と同じ労働時間です。

1か月は4週間ですので、月の総労働時間は160時間になります。そして10万円稼ぐことを考えると1時間625円稼げれば、月10万円のプロ配信者になります。

1件のサブスクライブが$4.99なので、日本円で約556円。配信者への取り分は50%ですので、278円です。

つまり、一時間に2.3回のサブスクライブがあれば月に10万円を稼ぐことができる事になります。

そして、この1時間に2,3回サブスクライブを受けているのが1000以上視聴者がいる配信です。

今回はサブスクライブだけで計算を行いましたが、 チアーやCM広告収入など他の収入もあります。

なので、実際は月10万円以上稼いでいると考えられます。

プロは努力している

ということで、1000人以上視聴者がいる配信者はプロですというお話をさせていただきました。

「フルタイムで働いて10万円かよ」と思った人もいるかもしれませんが、自宅にいながらでしかも、好きなゲームをプレイしていて生活できる。

これってすごいことじゃありませんか。 夢がありますよね。

ですが、ここまで行くのにも苦労があったと思います。視聴者数0人のときもあったでしょうし、コメントで心ないことを言われたこともあったでしょう。

そういった時期を乗り越えて、しかも毎日配信をしているのですから相当努力されたとカンタンに想像できます。

現在、ゲーム配信というのは非常に需要があります。人々がコンテンツを求めていることからもうかがえるでしょう。

みんなはコンテンツに飢えている?ゲーム配信をはじめるなら今がチャンス

みなさんもゲーム配信をはじめてみてはいかがですか?

ゲーム配信に必要なパソコンのおすすめはこちらからご覧いただけます。

ゲーム配信するために必要なパソコンのスペックとは?SSD,CPU,GPUで選ぼう

ココロに届いたらシェア!





配信をデザインしませんか?配信用オーバーレイ販売サイト
e-BAショップ

視聴者を惹きつける配信画面をデザインしませんか?日本で唯一、配信用オーバーレイを販売しているサイト。様々なデザインを低価格で提供しています。







あなたはゲーム配信を視聴しますか?
配信者を応援しよう!

ゲーム配信を見ているのはおもしろいし楽しいですよね?日常に楽しみを提供してくれるゲーム配信者を応援してみませんか?
応援するために便利なのかAmazon Primeです。どれだけ便利なのか紹介していますので、よかったらどうぞ