色が変化する「グラデーションオーバーレイ」の作り方はたった3ステップ

突然ですがみなさん、こんなオーバーレイを見たことはありませんか?

つぎつぎと色を変化させていくようなデザイン。見ている人を思わず惹きつけてしまうような、魅力的なオーバーレイですよね。

使ってみたい!作ってみたい!…けど、難しそう。

こんな豪華なデザインを見てしまうと作るのがむずかしそうに感じますよね。

「そもそもどんな仕組みになっているのか気になる」という方もいると思います。

そこで、グラデーションオーバーレイの作り方・使い方をご紹介しましょう。

最初に話してしまうと「たった3つのステップ」を踏んで作れちゃいます。

①HUEで色を変化させていく

②変化させた状態で1つひとつ保存する

③OBSで画像スライドショーとして設定する

たったこれだけ。

と説明しても、コレだけではわからないと思いますので、くわしく説明していきましょう。

グラデーションオーバーレイの作り方・使い方

グラデーションオーバーレイの作り方と使い方は合わせてたった3ステップです。

①HUEで色を変化させていく。

Photoshopでデザインしたオーバーレイで、HUE設定を開きます。

HUEの設定にあるバーをスライドさせると色が変化していきます。

②変化させた状態で1つ1つ保存する

スライドさせてグラデーションさせたい色になったら、1つ1つをPNGファイルとして保存します。

コツとしては、原色に近い色で保存すること。

その方がグラデーションをさせたときにきれいに色が移り変わります。

保存する数はてきとうにでよいのですが、だいたい9つくらいがちょうどいいでしょう。

③OBSで「画像スライドショー」として設定する

先ほど保存したファイルをOBSの「画像スライドショー」として設定します。

保存したすべてのファイルを選択し、スライドショーとして表示させましょう。

こうすることで、色が次々に変わる素敵なデザインになります。

スライドショーの設定はトランジションを「フェード」、画面切り替え速度を「700ms」にするときれいにグラデーションさせることができます。

PHOTOSHOPを持っていない方のために

このグラデーションオーバーレイはPHOTOSHOPを使わないとできません。

PHOTOSHOPを手に入れようとすると月々約5000円のコストがかかってしまいます。

さらに、そこからデザインを作るための技術を身につけなければなりません。

しかし、安心してください。

PHOTOSHOPを持っていない、PHOTOSHOPを持っていても使い方がわからないけど、グラデーションオーバーレイが欲しい!

そういった方のために、グラデーションデザインを作成しましたッ!

シンプルでどんなゲームにも使えるかっこいいデザインです。

こちらからデザインを確認できますので、どうぞ。

e-BAショップ 配信用オーバーレイデザイン一覧

あとがき

今回はグラデーションオーバーレイの作り方・使い方についてご紹介しました。

違った色のデザインを作り、OBS側でスライドショーとして設定することで、色がつぎつぎと変わるようになるという仕組みでした。

他にも配信用オーバーレイについての記事を書いているので、よかったらどうぞ。

ゲーム配信用オーバーレイのタイプ別に考察

ココロに届いたらシェア!





配信をデザインしませんか?配信用オーバーレイ販売サイト
e-BAショップ

視聴者を惹きつける配信画面をデザインしませんか?日本で唯一、配信用オーバーレイを販売しているサイト。様々なデザインを低価格で提供しています。







あなたはゲーム配信を視聴しますか?
配信者を応援しよう!

ゲーム配信を見ているのはおもしろいし楽しいですよね?日常に楽しみを提供してくれるゲーム配信者を応援してみませんか?
応援するために便利なのかAmazon Primeです。どれだけ便利なのか紹介していますので、よかったらどうぞ