親のしがらみから抜け出せず恋愛がうまくいかない人へ。

今日、知り合い(20代後半)のAさんから恋愛相談を受けた。

彼氏ができないのことに悩んでいた。「良い人はいるんだけど、恋愛にならない。」とよく分からないことを言っていたので詳しく聞いてみると、「親に紹介できる人が居ない」とのことだった。

親に紹介できないってどんだけダメ男を好きになってるんだよ! と思ったが、そうでもないみたい。

最近知り合った男性は、同じく20代後半でIT企業に勤めている方。彼の両親が教員らしく、彼も大学で教員免許を取得したが「一度社会に出て学校という場所以外のところも知っておきたい」という理由でIT企業に就職したそう。

聞いているだけでは立派な人間だなと思った。

でもなぜその彼を両親に紹介できないのか?と聞いてみたら、「性格的に親と合わない気がする」と。

彼氏にする人が親に受け入れられるかどうかを気にしているみたいだ。

それで、今までの彼氏について聞いてみるとやはり親の話が出てきた。親に紹介しようとして彼氏と家に行ったら、親が家に上げてくれなくて紹介できずに破局してしまったなどなど、ネガティブなものばかりである。

「どんな親なんだろう。」とちょっと気になったので、親御さんがどのような人なのか聞いてみるとやはりネガティブなモノばかり。親との関係がうまくいっていないのが上手く恋愛が行ってない原因ではないか。

親との関係について悩んでいる人は結構いる。親と喧嘩したり、親からのプレッシャーが強かったり。これまで育ててもらった恩みたいなのもあって、むげにできないのはわかるが、親との関係で自分の人生を無駄にしてしまっていては一生幸せになれない。

私は親との関係はうまくいっている。過干渉ではないし、プレッシャーもかけてくることもない。実家から離れて暮らしているが、月に2,3度は連絡し合うし、半年に1度程度は実家に帰省する。

親の趣味があるかどうか

なぜ、親との関係がうまくいかない人がいるのか。うちの親とAさんの親との違いは何か。

それは、「親御さん自身が好きなことを持っているかどうか」だと分析した。

Aさんに親の好きなことはなにか聞いてみると、無いらしい。趣味と呼べるようなことはないみたいだ。では休日は何をしているのかというと、ずっと家にいるらしい。

これでは、普段から頭の中に娘のことでいっぱいになるのは当然だ。興味が娘のことになっているから、過干渉になるし、心配というなのプレッシャーをかけてしまうのも理解できる。だって、ヒマなんだから。

娘のことがヒマつぶしになっている。やることが無いから娘の方ばかりを向いてしまっている。これではいけない。

うちの親の場合は、好きなことがある。仕事が無い時や、ちょっとした時間ができたらやること。それは「パチンコ」だ。

しかも両親そろって仲良くパチンコに行く。

…パチンコに行くこと自体どうなの?と思うけど、好きで何十年もやり続けているのだからそれはそれでいいと思っている。それにムダに干渉されることもなければ、圧力をかけてくることもない。好きなパチンコで忙しいのだ。

ではAさんはどうしたらよいのか。

結論は、親の趣味や好きなことを一緒に探してあげればよい。

これからの人生でずっと楽しめることを見つけてあげればよいと思う。盆栽でも手芸でもパチンコでもなんでもよい。打ち込めるものを与えてあげればOK。

突然、好きなこと、打ち込めることを探すといってもどうやるかわからないかもしれないがカンタンに考えてほしい。

ちょっと興味があることをやる

これを繰り返していけば、自ずと見つかる。しかし、それではわかりにくいという人はこの本を読んでみてください。

好きなことを見つける手助けになります。大好きなこと、才能の見つけ方がわかりやすく書いてあり、読みやすい。

また、この本のレビューにこんなことを書かれている方もいます。

心の声に素直に従えば、答えはおのずと現れると考えます。今は、自分の自由な時間を自分のために使うようにしています。そんな生活は、自分に嘘がないので毎日が楽しいです。タイトルから、大筋は予想できるのですが、改めて自分に問う点では一読に値するものと考えております。

嘘がない人生は毎日が楽しい。素晴らしい言葉ですね。

この本を読んで、親の大好きなことを見つけてあげてください。きっとみんな幸せになりますよ。

最後に

親のしがらみから抜け出したい人、親との関係をよくしたい人は「親の好きなこと」「時間を忘れてしまうほど没頭できる趣味」を作ってあげてください。そうすれば自然に親との関係がうまくいき始め、恋愛も人生もうまくいき始めますよ。

親との関係に苦しんでいる人の幸せを願って。

ココロに届いたらシェア!

ABOUTこの記事をかいた人

choco1120

eスポーツライター 老若男女だれでもeスポーツを楽しめるようにをモットーにeスポーツ関連の記事を執筆しています。他にはゲーム動画や選手をかっこよく撮るカメラについても書いています。