アメリカのeスポーツはここまで来ている。ICOで資金調達するゲーミングチーム AETHERunited

先日、E3 2017(Electronic Entertainment Expoという世界規模のゲームイベント)が開催されたり、任天堂(Nintendo)のARMS(アームズ)も発売されたりして、さらに日本でもeスポーツの 熱 が高まりつつあります。

しかし、その熱はその辺のオッちゃんや紫色した頭のおばあちゃんまでは届いておらず、一部の人が盛り上がっているというのがいまの日本の現状です。

一方、アメリカでは「アメリカはもうここまで進んでいますよ」というところ今回はお伝えします。

ICOで資金調達するゲーミングチーム

先進国アメリカでは、ICOで資金調達をしゲーミングチームを作るプロジェクトが発足しています。

ICOとはInitial Coin Offieringの略で、仮想通貨による資金調達すること。最近話題のビットコインなどの仮想通貨を通じて資金を調達し、その資金をもとにゲーミングチームを作るというプロジェクトが発足しました。

ICOはほんの短い期間で巨額の資金が集められると注目を集めている資金調達方法だ。仮想通貨なので、当局の規制がないことが最大の特徴。

通常は銀行から融資を得る資金調達方法が一般的だが、規制や銀行からの寂しい評価などがありあまり金額が集まらないのも事実。

しかし、ICOにはそれがない

投資してくれる個人がそのプロジェクトを評価さえすれば資金が集まります。

その仕組みを取り入れてゲーミングチーム設立プロジェクトを発足したのが、「AETHERunited」です。

トークンを買う、つまり資金援助した場合の見返りはゲーミングチームの運営にかかわる決め事に投票することができる。つまり、チーム運営に口出しできるということ。

いまこの資金援助をし、このチームが世界で活躍するようになったら、他の人が到底できない「世界トップレベルのゲーミングチームを運営を動かすこと」ができるという未来を売っているわけです。

 

なぜ、eスポーツの分野に乗り込んだのか?という疑問に彼らは「世界で最も急成長している業界であり、世界中で年間数億円規模の業界であるから」と語っている。

Esports are a massively growing industry that generates millions of dollars per year worldwide.

Why Esports? -AETHERunited – より引用

彼らはこれがチャンスだと思い立ち、迅速にコトを進めるべく、より短い期間での資金調達が可能なICOを利用したわけです。

アメリカの認知

こういった取り組みが発足し動いていることからeスポーツが「世界で最も急速に成長している市場の一つにとして認められている」ということがわかるでしょう。

少なく見積もってもアメリカやプロゲーマーが子供の人気職業第一位になっている韓国ではその認識がゲームをあまりプレイしない一般層まで浸透していると言えます。

しかし、まだまだ日本ではeスポーツの言葉さえ認知されていない状態です。

わたし的には悲しい現状ですが、視点を変えればこれはチャンスです

周りが知らないということは、いま世界で認められているジャンルに乗れば、先発優位に立てるということ。

今のうちにeスポーツを少しでも理解していれば、日本でも盛り上がったときにいち早くeスポーツを楽しむことができますよ。

楽しみ方①:ゲームをプレイする

eスポーツの楽しみ方で一番オーソドックスなのは、「実際にゲームをする」ことです。

どんなゲームをすればよいか、またeスポーツのゲームタイトルはどのようなものがあるのか、など疑問があるでしょう。

esportsってどんなジャンルがあるの?esportsとしてのゲームジャンルは6つです。」という記事にまとめてありますので、ご覧ください。

esports6つのジャンル

プレイするためにはゲーム機が必要です。eスポーツゲームはPCを使ってプレイするものがほとんど。

数億円の賞金がかかるゲームなのでゲームクオリティが非常に高く、プレイするためには高スペックPCが必要となります。

15~20万円くらいするゲーミングPCですが、「マウスコンピューター 」ならお安く手に入るので、一度チェックしてみると良いでしょう。

 

楽しみ方②:観戦

ゲームをするだけがeスポーツの楽しみ方ではありません。むしろeスポーツとして発展している理由は、「観戦が楽しいから」です。

自分にはできないようなプレイや、そのゲームを知らなくても「すごいっ!」と感覚で分かるほどの驚異的なプレイを繰り広げながら、白熱した戦いに圧倒される。

その戦いに魅了されてeスポーツが楽しくなっていくんです。

爆発的なeスポーツの流れは「配信サービス」にあります。

ニコニコ動画のような動画配信サービスで、家にいながらeスポーツを無料で観戦できます。

この気軽さが爆発的なeスポーツ発展につながっているのです。

eスポーツを楽しんでいる人であれば知っている企業「Twich(ツイッチ)」でたくさんの大会を見ることができますよ。

Twitchに登録(無料)すればすぐ見れますので、ぜひ試してみてください。

まとめ

IOCで資金調達するゲーミングチームから、アメリカeスポーツの人気度合いを考察し、eスポーツの楽しみ方をご紹介しました。

いまからeスポーツを楽しんでいるだけで、アナタもeスポーツ通になれますよ!

eスポーツについてつぶやいているので、よかったらフォローください。あなたに最新のeスポーツニュースを届けます

日本の最高峰のeスポーツイベントはココにあり。LJL Finalを取材【esportsライター活動日誌9】

2017.08.28

いじょう、ちょこでした。

ココロに届いたらシェア!




ファンを作ってプロゲーマーとして活躍しませんか?
インタビュー企画

e-BAでは、プロゲーマーを応援する一環としてファンへのアピールする企画「プロゲーマーへのインタビュー」を行っております。あなたのファンを作るため、またファンのためにあなたをアピールするためにこのような活動を行っております。