eスポーツ × 金融業界=最強の組合せ。SCARZがマネーパートナーズとスポンサー契約

123

 

本日SCARZの公式ページより31億円もの資本金をもつプリペイドカード会社、株式会社マネーパートナーズとスポンサー契約を結んだことを発表されました。

SCARZとは日本eスポーツにおけるプロプレイヤー集団。創立は2012年からでゲームタイトルは「BATTLE FIELD3」からスタートしています。

現在では、LOLをはじめとする11タイトルのプロチームがあり、Overwatch部門は2016年7月20日より活動を開始している。しかも、1チームではなく、2チーム+マネージャーを含む15人体制でスタートする本意気っぷり。

 

最近スポンサー獲得NEWSが多い。

SCARZは先日の18日に日本エイサー株式会社とスポンサー契約を結んだばかり。

また、「HANAGUMI」が3日前にOzoneGamingとスポンサー契約を結んでいる。

さらに、RascalJesterは昨年12月9日に化粧品ブランド「ALLIWANT TOKYO」とスポンサー契約を結んでいる。

関連記事: プロeスポーツチーム『RascalJester』が化粧品ブランドからスポンサー獲得!

 

直近1,2か月でこれだけのスポンサー契約NEWSがある。それだけ日本企業もeスポーツに関心を持ち始めているということだろう。本意気でチーム結成してやるならいましかないとワタシは感じている。

この波に乗り遅れるな!じゃなきゃ後がないと!と声を大にして言いたい。

 

それにしても今回のSCARZさんのスポンサー契約が金融業界ってすごい。

 

eスポーツ×金融は相性がいい
128

eスポーツと金融は相性がいい。だって、みんな最近どうやってお金支払ってる?スマホとかパソコンからクレジットカード決算してることがほとんどだよね。

それにeスポーツの試合はほとんどがオンライン上で行われるから”現金”が登場してくることはほとんどない。つまり、すべてオンライン決算システムを介してモノを売ったりしている。

オンライン上での活動が主なeスポーツは金融と相性がよいってことになる。

 

相性が良いとはいえ、金融業界からも応援してもらえるeスポーツ、やっぱりすごい!

 

e-baが提供しているサービス

戦略プラットフォーム

【OVERWATCH】TOP 5 PLAYS OF THE WEEK

TODAY’S HIGHLIGHT

 

おすすめ記事一覧

【おすすめ】ゲーマー学生におすすめ、人生の考え方が変わる本

【おすすめ】ゲーマー向け冬アイテム3選。これでアナタも最初から全力プレーできる

配信用のクロマキーに使うミドリのシートをもらったのでカーテン作ってみた

 

 

ココロに届いたらシェア!

ABOUTこの記事をかいた人

choco1120

eスポーツライター 老若男女だれでもeスポーツを楽しめるようにをモットーにeスポーツ関連の記事を執筆しています。他にはゲーム動画や選手をかっこよく撮るカメラについても書いています。