臆病な日本人に伝えたい、ゲームは言語の壁を超えると

101

GameSparkというNEWサイトからこんな記事が投稿されていた。

【海外の声】英語圏ゲーマーが初めて遊んだ「日本語ゲーム」の思い出

100

 

この記事から臆病な日本人に伝えたい。「ゲームは言語の壁」を超えるのだと。

 

記事の内容は、英語圏のゲーマーが初めて遊んだ「日本語ゲーム」について

アンケートを取っており、そのコメントを公開しているという内容です。

 

まずこの記事を読んだ感想は、外国人のゲームを楽しむ情熱は尊敬する、

ということ。海外版のゲームをやってみることを想像してほしいが、

すべてそこに書かれている言語はすべて英語。

正直うんざりすると思うことだろう。

しかし、外国人ゲーマーはそのような言語の壁を乗り越えて

さらにゲームを楽しむことができるのだ。

 

言語がわからなくてもOK

正直言語が理解できなくても問題ないと思う。

言語がわらかなくてもUIや映像表現で伝わるからだ。

言語を理解できたほうがより楽しむことができるのはその通りだが、

コトバを理解できなくても、映像で”なんとなく”伝えたいことが

読み取ることができる。

しかも、最近のゲームはUIにコトバを入れていなかったりする。

もはや言語の違いなど壁ではなくなっているのだ。

 

それでもRPGなどはつらい?

「そんなこと言ったってRPGとかストーリー性があるものはどうすんだよ。」という

声が聞こえてきそうだが、ワタシは問題ないと思っている。

なぜなら、人間は多少ストーリーがわからなくても自分の頭の中で補正しながら楽しむことができるからだ。

人間は目でとらえたものを脳というフィルターを通して見ているということは

みなさんもご存知のことだと思う。

 

この言語の壁についても同じことが言える。

見ている映像ストーリーから理解できる部分だけを”見て(認識して)”いる。

なので実際のストーリーと異なっている可能性があるが、

自分の脳の中で勝手にストーリーを理解(誤解)して楽しむことができるのである。

 

このように言語の壁などもはや存在しないんです。

 

なので、みなさんには海外版のゲームだからプレイするのをあきらめてほしくない。

ましてや英語で書かれているからコワいとか思ってほしくない。

大丈夫、英語なんて怖いものではない。

だから、貪欲にゲームを楽しんでほしいとワタシは願っている。

 

 

e-baが提供しているサービス

戦略プラットフォーム

【OVERWATCH】TOP 5 PLAYS OF THE WEEK

TODAY’S HIGHLIGHT

 

おすすめ記事一覧

【おすすめ】ゲーマー学生におすすめ、人生の考え方が変わる本

【おすすめ】ゲーマー向け冬アイテム3選。これでアナタも最初から全力プレーできる

配信用のクロマキーに使うミドリのシートをもらったのでカーテン作ってみた

 

ココロに届いたらシェア!