【おすすめ】ゲーマー学生におすすめ、人生の考え方が変わる本

 

最近のeスポーツの盛り上がりは目を張るものがありますね。

大会賞金額だけではなく、いろいろな業界が参入しeスポーツ業界に潤いをもたらしてくれているNEWSも増えています。

顔出し配信をする3つのコツ。これであなたも有名配信者?

2018.07.16

派手なゲーム配信画面ってなんていうの?どうやって作るの?

2018.07.15

【悩み解決】肩こり解消はコレだ!ゲーマーの肩こりの原因はストレートネック

2018.07.14

ドネーションをより多くもらう3つのコツ【配信者必見!】

2018.07.13

ダメダメ人間から脱却するたった一つの方法。1日スケジュール表を書いてみるべし。やる気をゆるりと出してみる

2018.07.01

今回は、そんなeスポーツの土台を作った人いっても過言ではない”梅原大吾”さんの対談本『悩みどころと逃げどころ』をご紹介します。

梅原大吾さん

梅原大吾さんとは、「世界で最も長く賞金を稼いでいるプロゲーマー」としてギネスに認定されている、日本を代表するプロ格闘ゲームプレイヤーです。

小学校の時から格闘ゲーム(ストリートファイターなど)一筋で14歳で国内最強となり、17歳で世界大会に優勝する実力の持ち主。

そんな梅原さんが『社会派ブロガー』として有名な”ちきりん”さんと対談した本。

学校的価値観!?

本書は『学校教育』をテーマにした対談。その学校教育の”悪”として挙げられているのが、『学校的価値観』。

学校的価値観とは、”頑張って勉強して、いい高校、いい大学に行けば、人生幸せだ” だったり、 ”成績の数字が良ければすべてよし ”といった価値観のこと。

その学校的価値観を真っ向から反対するお二方。

ちきりんさんが学校的価値観から脱皮するのが大変だったという体験談のくだり

ちきりん:学校的価値観に毒されると、すべてにテストの点のような客観的な基準が存在していると思い込んでしまうんです。勉強だけじゃなくて、仕事選びとかパートナー選びに関しても、こういう基準で選べば成功しますよって誰かに教えてほしくなる。

ウメハラ:そんな他人の基準を欲しがるなんて信じられない。

だったり、

ちきりん:「大学に行くな」とまでは言いませんが、「大学さえ出ておけばなんとかなる」という考えは、明らかに有害だと思う。そういう考えに毒されると、勉強が必ずしも得意じゃない人まで、しかも奨学金という名の借金までして、みんなとにかく大学へ行こうとします。まじめな人ほどそう考える。

などなど、学校的価値観を軸に展開される『学校教育』についての対談テーマはすごく考え方の足しになりました。

私の周りにも大学に入ったのに勉強せず、ただ学位をとるだけに来ている人が多くいたので、実感覚にそくしています。何のために年間100万以上も払って大学に来ているんだかわからない人が多すぎる。

そういった人たちもおそらく「大学さえ出ておけばなんとかなる」と考えていたのでしょう。

プロゲーマーならではの

また、梅原さんのプロゲーマーならではの価値観が垣間見えたのも面白かった。

プロゲーマーの役目とは?というくだりで、

ウメハラ:プロゲーマーの仕事っていうのは、そのゲームの楽しい遊び方を発掘して、ファンの人にプレーを通してそれを伝えることだと思っているんです。

はぁぁぁ深いなぁと。プロゲーマーはそのゲームの楽しみ方を提供することが役割の一つだと。そんな考えをもってゲームをプレイしているんだなと普通に感心してしまいました。

やっぱ常に考えている人は一味も二味も違うんだなと感じましたね。

だからこそ、独自の考えを持つことができて他を圧倒するようなことができるんですね。 常に考え行動することはゲームだけではなく、人生においても大切です。思考停止は死と同じ。考え続けれなければただの動物。

ゲームをやっている人もやっていない人も、プロゲーマーはどんなこと考えているの?と興味のある方はぜひ読んでみてください。

ココロに届いたらシェア!

9 件のコメント