写真さんぽで持ってくモノ。ふらり散歩しながら撮影するってたのしい

ふらっと散歩しながらパシャパシャ撮るのは楽しいです。

いつも通勤で歩いている道でも、歩く速度をゆる~りと遅くするだけで見えてくる景色が変わってきます。

こんなところにこんな看板があったんだ」とか「いつもは気が付かなかったけど、味のある塀だったんだ」など、いつもの道が違って見えてくるんです。

そんな写真散歩での持ち物ってどうすればいいのか迷います。

レンズはいくつ持っていけばよいだろうか、ケースは必要かどうか、バックも持ち歩いたほうがよいだろうか。

ふらっと行く写真散歩でのおすすめな持ち物をご紹介します。

レンズは1つで十分

まずは、意外と荷物になるレンズのお話。

ふらっといく散歩なので、どんなものを撮るのか決めていません。そういったときは、どんなレンズを持っていけばいいのか迷います。

しかし、レンズは1つで十分です。

もっていったレンズで取れるものを撮ればいいと割り切って荷物を減らしちゃいましょう。

持っていくものが減ることで、身体の負担も減り、より気軽に散歩に出かけることができます。

 

ケースは不要

どんなものを撮るのかわからないから、どこまで歩くか分からないから、カメラのケースは持っていこうかどうしようか。これも非常に悩みどころです。

カメラをできるだけ傷つけたくないから、ケースはあったほうがいいかもと感じるかもしれません。

けど、安心してください。ケースはいらないです。

遠出するわけではないので、基本的には電車に乗ったりバスに乗ったりしません。

もし乗り物に乗る場面があったとしても、首からストラップで下げておいて、少し気を付ければいいだけ。

荷物になるケースは持って行かないほうが良いです。

 

バックは持っていく

私の場合ですが基本的に財布はポケットに入れず、バックにしまいます。ですので、バックは持っていくのですが、ほとんどなにも入れていません。

財布とカギくらいしか入れないので、ショルダーバックにしたほうが楽ですね。

 

小道具を仕込んでおく

・プリズム

・CD

・網

これらのアイテムを使えば、近所に咲いている花や街並みも別世界のように撮れます。

アイテムを使った写真の撮り方を知りたい方は、こちらの記事からどうぞ

【撮影テクニック】格子状の網を使って影を作る!ワイヤーネット

2018.09.12

オリジナリティ溢れる写真を撮る レンズ越しに取る建物

2018.09.10

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

ふらっと写真を撮りにいくときの荷物はどんなものかと言うことをお話ししました。

基本的にはカメラ一つで何も持って行かないですね。

ただ、小道具はあったほうが撮影のバリエーションが増えるのでおすすめです。

すべて100で買えるものばかりですので、散歩がてら100均に寄って購入するのもアリでしょう。

 

以上、チョコでした。

ココロに届いたらシェア!