台風で写真が撮れない?台風が過ぎたあとが撮影日和

週末にどこかに遊びに行こう、と思っている矢先に天気予報で「今週末は台風が来ます」と言われ、ガッカリしている人は少なくないはず。

週末に楽しみにしていた予定がキャンセルされた、ライブイベントに行く予定だったのに屋外公演のため延期された、予定していたスケジュールがなくなって「週末どうしようかな」とお悩みのカメラ好きは多いはず。

家にこもってで撮影するのもアリですが、私がおすすめしたいのは「台風が過ぎた時こそ出かけて写真を撮る」です。

なぜなら、台風が過ぎた後のさっぱりした空気、澄んだ空はなにも考えずにシャッターを押しても画になるからです。

予定がキャンセルされたのに、時間を持て余すことなくカメラで素敵な写真を取れたらいいですよね。

この記事では、「台風が過ぎたあとに撮りたい写真」を5つご紹介していきます。

ではさっそく見ていきましょう。

台風が過ぎた後に撮りたい写真<5選>

実際、私が撮ってきた「台風が過ぎた後の海辺の写真」でご紹介したいと思います。

夏の暑さで雲が高い

台風が来る時期=夏です。夏の雲は、地表が熱せられ雲が高くなることが多い。

上空に浮かぶ空は「夏だなぁ」と感じさせてくれます。

飛行機雲の残糸があったりするかもしれませんね。

 

嵐のあとの雲は躍動感がある

嵐が過ぎ去った直後はまだまだ荒れた雰囲気を出しています。

その荒れて躍動感あふれる雲はカメラ欲を掻き立ててくれるでしょう。

暗い空と明るい空のコントラスト

台風が過ぎていても、遠くの方では雨が降っているかもしれません。

その向こうのそら(暗い空)とこちら側のそら(明るい空)のコントラストがきれいです。

 

台風の直後だというのに遊んでいる人?

台風の直後は、誰しもが外へ出かけたくなるのでしょうか。

海で水上バイクで遊んでいる人たちがいました。こういう偶然もあるかもしれませんね。

 

普段より波が高め

台風のあとと言うことで普段よりも波が高めです。いつもとは違う顔を見せてくれていたりするので、観察しながらシャッターを切るといいでしょう。

あとがき

いかがでしょうか。撮影技術がまだまだなところがありますが、台風が過ぎたあとに写真を撮りに出かけても楽しいです。

普段は気づかなかったことに気づけたり、いつもならないようなものがあったりと変化を発見できて、ワクワクします。

あなたも台風の後に出かけてみてはいかがですか?

 

以上、チョコでした。

ココロに届いたらシェア!