eスポーツ選手の引退後のおはなし

eスポーツ選手やプロゲーマーが第一線から退いた後は、どういった道を歩んでいるのか。どういったことを仕事にできるのか。

そういったプロとして活動できなくなった”あと”のことについて、不安に思っている人がいる。

ただ、それは不安に思っていても仕方のないことだ。

たしかに、プロとして何年続けられるのか、その後はどうするのか。そういう不安を覚えるのは理解できる。

しかし、それはたとえプロゲーマーにならなくても、同じことなのではないだろうか?

五輪選手の引退後

元オリンピック選手が引退後にどういう道を歩んでいるのか、というドキュメンタリーをTVで放送していた。

地元でアルバイトしていたり、スポーツとは関係ない企業に就職していたり、それまでやっていたスポーツとは関係のない仕事をしていた。すこし悲しい気もする。

オリンピック選手ですら、引退後の人生は安泰ということではない。

eスポーツ選手になったとしても、それは同じである。

企業に就職したとしても

現代では企業に就職したとしても、その後の人生がずーっと安泰だということはない。

東証一部上場企業だとしても、倒産率は1%。つまり、100社に1社が倒産している。

上場企業の正社員だとしても、いつ潰れるかもわからないし、リストラというリスクをずっと抱えている。

eスポーツ選手になったとしても、企業に就職したとしても、現代を生きる上では「生涯安泰」ということはありえないのだ。

伸びるeスポーツは明るい未来を

eスポーツはこれから伸びていく数少ない業界だ。

仕事の幅も増えるし、必要となる人材もいまよりもっと増えるだろう。

元eスポーツ選手というだけで、優遇されるのは間違いない。

すでに「コーチング」というeスポーツ選手の特権のような仕事もできつつある。

なので、ゲームを極める、プロゲーマーになるということを恐れる必要はない。

人生はたのしめばいいのだ。

ココロに届いたらシェア!




ファンを作ってプロゲーマーとして活躍しませんか?
インタビュー企画

e-BAでは、プロゲーマーを応援する一環としてファンへのアピールする企画「プロゲーマーへのインタビュー」を行っております。あなたのファンを作るため、またファンのためにあなたをアピールするためにこのような活動を行っております。