PGM連覇か?それともDFM悲願のリベンジ達成か?|LJL 2018 Spring Final

昨年のSummerで優勝を果たしたPentagram(PGM)が連覇するのか?それとも昨年PGM(元RPG)に惜敗したDFM悲願のリベンジ達成なるのか。

見どころ満載だった、LJL 2018 Springの優勝者が遂に決定しました。

LJL 2018 Spring

Finalではシーズン戦とは違いBo5(三本先取)で行われました。

会場は選手を間近で見る事の出来るRedbull Gaming Sphere Tokyoで実施。シーズンを勝ち上がってきたPGMとDFMのどちらが手にしたのか。

第一戦

JGのオラフ(Once選手)とTOPのナー(Paz選手)で序盤から有利を作り、3レーンで圧倒。

Once選手の相手JGに積極的に攻め入ることでプレッシャーをかけ、すべてのオブジェクトを獲得。集団戦でもその勢いが止まらず、タワーを一本も取られずPGMが勝利しました。

第二戦

一戦目と同様にDFM Ceros選手はタリアをピック。

しかし、カウンターガンクを決めたJGのオラフ(Once選手)とMIDのエコー(で有利を作られ、MIDのコントロールからボット差を作り出したPGMが勝利しました。

第三戦

オラフを止めたいDFMが自らピックし試合に挑んだ。

しかし、PGMのMIDレーンで試合の流れを作ったPGMが執拗にバロン周辺でプレッシャーをかけ続ける。

DFMがリコールするタイミングを見計らい、バロンを獲得しインヒビターを奪取。

その有利を保ったままDFMに勝利しました!

見事なパーフェクトゲーム

シーズンを10-0で負けなしのDFMが勝利することを誰もが予想していたはず。しかし、ここぞとばかりにPGMが勝負強さを発揮し、DFMに勝利しました。

し、か、も、初戦から積極的に攻め入ることで、3試合ともタワーを一本も渡さないパーフェクトゲーム。ここまでPGMは強かっただろうか。この勝利を一体どれだけの人が予想していたのだろうか。

過去の戦績、そして世界大会へ

過去5シーズンでDFMと対戦したPGMですが、その戦績は4-1と決勝戦でのDFMとの対決に強い。

シーズン 戦績 勝者
2016 Spring 3-0 DFMWIN
2016 Summer  3-2 PGMWIN
2017 Spring 3-0 PGMWIN
2017 Summer 3-2 PGMWIN
2018 Spring 3-0 PGMWIN

今回の勝利で史上初4冠を達成したPGM。5月にMSIと呼ばれる世界大会へ駒を進めます。

MSIとは

MSIとは、Mid-Season Invitationalの略で14チームが複数のステージに渡ってチャンピオンの座を争います。

過去の戦績から国ごとにシードがあり、LJL(日本)は一番下からのスタートとなります。王座を勝ち取るためには4つのステージを勝ち抜いていかなければなりません。

LJL公式ページから参照

非常に厳しい状況ですが、今回のFinalで発揮した勝負強さで何とか一つでもステージを勝ちあがって欲しいですね。

日本代表として、世界で戦うPGMメンバーを全力で応援していきましょうっ!

以上、チョコでした。

 

ココロに届いたらシェア!




ファンを作ってプロゲーマーとして活躍しませんか?
インタビュー企画

e-BAでは、プロゲーマーを応援する一環としてファンへのアピールする企画「プロゲーマーへのインタビュー」を行っております。あなたのファンを作るため、またファンのためにあなたをアピールするためにこのような活動を行っております。