こんな英語は使いたくない。煽りフレーズのいろいろ【ゲーム英語】

ゲームで使える英語をたくさんの人に知ってもらいたいと今まで数々の英語をご紹介しました。

しかし、今回は少し毛色が違います。使ってほしくない英語=煽り文句です。

使ってほしくはないですが、知っていて損はないと思いますのでご覧ください。

「オンラインでゲームをしている人」、「野良とチームを組まなければならないゲームをプレイしている人(LoLやオーバーウォッチなど)」に参考になります。

ムカついた時に使う英語

チーム戦は本気でやっているからこそ味方にムカついたりしますよね。自分の意図と違う動きをしたり、試合を投げたようなプレイをしたり。

ただ、ムカついてもチャット争ったらだめです。これらの英語は争いのキッカケになる言葉ですので使用厳禁です。

  • Its actually annoying.(マジでうざい)
  • its irritating. (イライラするわ)
  • its f〇〇king bugging. (ちょー邪魔くせー)
  • its pissing me off. (ムカつく)

チャットファイトしても何も生まれないので、相手を侮辱することは言ってはいけませんよ?

 

勝負を投げている味方に「ふざけんな」

試合を放棄したようなプレイしかしないプレイヤーは、どのゲームをしていてもたまに現れますよね。(実際どうなのかはわかりませんが。)

そんなプレイヤーに対して「ふざけんな」という気持ちを伝えるときはこちら。

  • Don’t be silly. (くだらない真似すんな)
  • Don’t be ridiculous. (馬鹿言うな)
  • Don’t fool around. (真面目にやれ)
  • Don’t play dumb. (とぼけんな)
  • Enough already. (いい加減にしろ)
  • Take it back.(取り消せ)
  • I’ve run out of patience.  (我慢の限界だわ)
  • Don’t fuck with me. (ざけんなてめぇー)
これらすべて不満をあらわにする言い方。言ってもいい相手をそうではない相手を選びましょうね。

 

あれほど言ったのに...

試合中に優しく忠告したのに、受け入れてもらえず試合が負けてしまった。その残念な気持ちを伝えるとき「あれほど言ったのに」と伝えるときはこちらの英語がピッタリ

  • See? I told you. (な?言ったろ)
  • See what happens. (ほれ見たことか)
  • You asked for it. (自業自得でしょ)
  • Serves you right. (ざまあみろ)
  • There you are. (そらそうなるわ)
負けたのにこんなこと言うのは恥ずかしいですよ。だって、キャリーできなかったのはこういうこと言う人なんですから。キャリーできない自分が悪い。

 

あとがき

いかがだったでしょうか。

ゲーム内チャットでは絶対使いたくない英語のフレーズ(煽り)をご紹介しました。

みなさんは絶対使ってはいけませんよ? 煽っても仕方ないです。それなら自分のできることを最大限できるようにして、プレイスキルを磨いていきましょう。

チャットファイトに参加しても気分が悪くなるだけ。

以上、ちょこでした。

ココロに届いたらシェア!