「~しようと思う」だけでも5つの表現がある?予定を話す会話フレーズ【ゲーム英語】

普段会話するとき、「○○するわ~」とか「○○しよっかなぁ」みたいに、これからすることを話しますよね。

こういった自分の予定を英語で話す方法をご紹介します。

それぞれニュアンスが微妙に違うので、誤った使い方をしてしまうと相手に誤解を招いてしまいます。

しっかり覚えておきましょう。

I’m ~ing(~することになっている)

もうすでに決まった予定があるときは「I’m ~ing (~することになっている)」です。

~ingの部分は動詞の進行形を入れます。

例えば、「今夜はゲームすることになってんねん」と言いたいときの英語は

「I’m playing video game tonight.」

他の誘いを断るときなんかに使えそうですね。

 

I’m going to ~(~しようと思ってる)

決まった予定はないけど、やりたいことがあってそれを伝えたいとき、「I’m going to ~(~しようと思ってる)」を使いましょう。

toの後の”~”は今後したい行動(動詞)を入れればOK。

例えば、「明日なにすんの?」と聞かれた時に「ゲームしようと思ってる」と答えるときは

「What are you doing tomorrow?」
「I’m going to play video game.」

 

I will ~(~しよっと)

独り言のようにこれからやることをつぶやくとき「I will ~(~しよっと)」

これも~の部分はこれからやる行動(動詞)を入れましょう。

例えば、「ゲームしよっと」と言いたいときは

「I will play video game.」

になります。

 

I might ~(~しよっかなぁ)

これもつぶやく感じになりますが、ぼやっとこれしようかな...みたいに言いたいときは「I might ~(~しよっかなあ)」を使います。

例えば、「んー、ゲームしようかなぁ...」と言いたいときは

「um, I might play video game.」

 

I’m about to ~(今から~するところ)

今からやることが決まっていて、それを伝えるときは「I’m about to ~(今から~するところ)」が使えます。

例えば、「今からゲームするところだよ」を話したいときは

「I’m about to play video game.」

語尾にright nowをつけなくても”今から”という意図が伝わりますよ。

 

あとがき

いかがでしょうか。

これからのことを話すときの5つのフレーズをご紹介しました。

それぞれ微妙に意味合いが変わってきます。気を付けて使っていきましょう。

意識して使えるようになったら相手に誤解を与えずに済みますよ。

効率的な英語の勉強の仕方はこちらの記事に書いてありますので、参考にどうぞ。

【ゲーム配信】英語ができるようになるための3ステップ!まずは日常会話から

2017.12.22

最後に今回ご紹介した5つのフレーズをまとめておきます。

”5つのフレーズまとめ”
  1. I’m ~ing(~することになっている)
  2. I’m going to ~(~しようと思ってる)
  3. I will ~(~しよっと)
  4. I might ~(~しよっかなぁ)
  5. I’m about to ~(今から~するところ)

以上、ちょこでした!

ココロに届いたらシェア!