【ゲーム英語】戦略を英語で表現しよう!3つのLoLで使える英語をご紹介

第2弾!League of Legends(以下LoL)で使える英語講座として、今回は「戦略編」をご紹介します。

ボイスチャットを使えないLoLではPingという便利な機能が実装されてます。しかしながら、Pingだけでは詳細な戦略について話すことができません

そんなときテキストチャットを使うことになりますが、日本語ではどうも伝わらない人が出てきてしまいます。

そこで、簡単な戦略を相談するための英語をご紹介します

これさえ覚えておけば、相手が何を話しているのかが理解できて、自分の意見もチャットで言うことができてしまいますよ。

前回のLoLで使える英語はこちら

【厳選3選】League of Legends(LoL)で使える英語講座【ゲーム英語】

2017.12.18

They wanna rush Baron so we have to take a Dragon.

ゲーム中盤、バロンやドラゴンのオブジェクトを取りに行くことはそれだけで勝ち負けを左右するほど、非常に重要です。できればすべてのオブジェクトを取りに行きたいところ。

しかし、味方が一人欠けた状態でバロン前の集団戦を仕掛けても負けてしまいます。味方が育っていて強ければ勝つかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

味方がそこまで育っておらず集団戦を起こせない状況で相手がバロンを始めたことが分かったらあなたはどうしますか?

100%の正解はありませんが、私であればドラゴンを取りに行き相手との「差」を広げないようにします。

そこで使える英語が、They wanna rush Balon so we have to take a Dragon. です。

意味は、「敵はバロンをラッシュするだろうから、俺たちはドラゴン取りに行かなきゃ」です。

これをPINGだけでこちらの意志を伝えるのは難しいですし、何より誤解を招いてしまう可能性があります。なので、状況に応じて、英語を積極的に使っていきましょう。

アレンジ編

もちろんこの英語はアレンジもできます。

They gonna Balon rush, so we need to control vision around Balon soon.

「バロンラッシュするだろうから、私たちにはすぐにバロンコントロールが必要だ」と言い換えることもできます。

1つのセンテンスを覚えてしまって、そこから自分でアレンジしていくと使える英語の幅が増えてきますよ。

 

I wanna try to steal Balon.

負けている状況でさらに差を広げないために、バロンをスティールしたいところ。

自分の意志を伝えるために、I wanna try to steal Balon.と言いましょう。言っておくだけで味方が寄ってきてサポートしてくれるかもしれません

味方にスレッシュがいたら、ランターンを投げてきてくれるかもしれませんし、バードがいたら敵の動きを止めてくれるかもしれません。

事前に言っておかなければそんなサポートも受けることができませんよね。

失敗してしまうかもしれませんが、どんどん自分の意見を伝えて味方のサポートをあおりましょう。

 

We need visibility our jungle. Buy trinket pls.

見えない位置からケインのガンクをもらって味方が次々と倒されていく。原因は「視界が取れていない」から。

それなら視界を取ればいい。と思いますが、全員がそう思っていないこともあります。なので、必要なことは言ってしまいましょう。

We need visibility our jungle(私たちのジャングルに視界が必要やねん). Buy trinket pls(トリンケット買ってくれお願い).

こういえば、何人かはトリンケットを買ってくれてジャングルの視界を取ってくれるはず。そうなればケインの被害にあわずに済みますね。

どんどん自分の意見を言っていきましょう。

 

今回の英語表現まとめ

いかがでしょうか。

味方とちょっとした戦略や自分のしたい行動を英語で表現できるセンテンスを3つご紹介しました。

他の言い方はたくさんあるし、どんな言い方がかっこいいとかあるかもしれませんが、一つずつ地道に覚えていきましょう。

今回のゲーム英語まとめ
  • They gonna Balon rush. so we have to take a Dragon.
  • I wanna try to steal Balon.
  • We need visibility our jungle. buy trinket pls.

短期で英語が使えるようになりたいねん!」「地道にコツコツと覚えてなんかいられるかっ!」という方は、ALUGOという英会話レッスンがおすすめです。

こちらにリンク張っておきますので、詳しい内容が知りたい方はクリックしてみてください。

▼成果コミット型英会話 「ALUGO」▼

以上、チョコでした!

ココロに届いたらシェア!