【eスポーツタイトル】League of Legends とは?魅力を存分にご紹介

eスポーツという言葉とともにこのゲームタイトルをよく目にするようになったと思う。

どんなゲームなの?と疑問に思う人は実際に多い。

オンラインゲームをよくプレイしている私の知り合いでも、名前すら知らない。

 

そこで今回は、League of legendsとはどんなゲームなのか?をできるだけわかりやすくお伝えしたい。

また、このゲームについての魅力も伝えられたら良いなと思う。

 

では、さっそくご紹介していこう。

 

League of legends とは?

League of Legendsとは、PCでプレイするオンラインゲームの一つ。

5人対5人のチームに分かれて戦い、相手陣地の目標物を破壊すれば勝ちになる対戦ゲームである。

 

プレイヤーは自らのキャラクター(チャンピオン)を1体選択する。

さまざまな特徴を持った140体以上のキャラクターが用意されていて、見た目のみならず距離を詰めて近距離で戦うのが得意なキャラクター、近づかれると脆いが遠距離では圧倒的な制圧力を持つキャラクター、あるいは味方の援助が得意なキャラクターなど、それぞれに特徴があり、得意とする攻撃パターンがある。

 

現在では、プロゲーミングチームが大会などで賞金を争いながら戦っているそんなゲームタイトルである。

日本でも野球やサッカーと同じように、このゲーム専用のリーグがあり年間を通して争われている。

日本でどのくらい人気があるのかは、下記の記事を参考にしてほしい。

日本の最高峰のeスポーツイベントはココにあり。LJL Finalを取材【esportsライター活動日誌9】

2017.08.28

League of legendsの魅力

続いてLeague of Legends (略称:LoL)の魅力について伝えていく。

先に話したとおり、相手の陣地に攻め入る戦略ゲームである。

 

敵の陣地まで侵略できれば勝ちという簡単なルールだが、その簡単なルールだからこその奥深さがLoLの魅力だ。

 

キャラクターピック

チームでどのキャラクターを選びどういうチーム構成にするかを考えて選んでいく。

攻撃特化型のチーム構成にするのか、防御特化型のチーム構成にするのか、はたまたバランスよくチーム構成にするのか。

キャラクターの選び方によって攻め方や守り方が変わってくる。

さらに、キャラクターそれぞれ4つのスキルがある。

遠距離攻撃スキルや一時的に防御力を上げるスキル、相手の行動を阻害するスキルなど。

持っているスキルによっても戦い方の幅が広がる。

マスタリー

ルーンマスタリーというキャラクターに与えることができる”付帯効果”がある。

防御力をあげて固くするのか、攻撃を相手にあてた際に追加ダメージ力を上げるのかなど、付帯効果によって戦い方の幅を広げることができる。

ゴールドシステム

ゲーム中には、ゴールドというお金システムが組み込まれている。

ミニオン(自動で動く歩兵部隊)を倒したり中立モンスターを倒したり、敵を倒したりするとお金がもらえる。

このお金を使ってアイテムを買って、さらにキャラクターを強化していく。

アイテムシステム

アイテムも200個以上あり、強化したいスキルを見定めていく。

相手キャラクターのアイテムも見ることができるので、相手が移動速度を上げてきたからこちらも移動速度を上げようだったり、相手が防御力を上げてきたからこちらはダメージ貫通力を上げようなど、相手が買ったアイテムによって考えていく。

中立モンスター

マップ全域に中立しているモンスターが存在する。

モンスターを倒すとキャラクターに付与される効果が違う。

小型モンスターはお金がもらえるだけだが、大型モンスターになるとミニオン(歩兵部隊)を強化する効果や攻撃力を上げる効果など、倒したモンスターによって効果が変わってくる。

タワー

序盤から敵の本拠地へ乗り込むことができない。

なぜなら、11本ものタワーが本拠地を守るために建てられているから。

 

それぞれのタワーを壊しながら敵本陣へ侵略していくことが必要になってくる。

敵陣内に存在するインヒビターと呼ばれるオブジェクトを破壊すると、超強力な歩兵スーパーミニオンが味方出現する。

歩兵が強化されることによって、試合を有利に進めることができるようになる。

 

LoLには、上記の6つのシステムが存在している。

そのシステムをうまく活用しながら敵の本拠地を破壊していく。

 

頭脳戦

このシステムをうまく利用しながら戦っていくところも魅力だが、最大の魅力は「相手チームとの読み合い」にある。

相手も同じように考えながら戦ってくる。

こちらの戦略のウラをかいてくるのが上等手段。

ターン制のゲームではないので、刻一刻と状況が変わる。

その情報を拾い上げ、自分のするべき次の一手を決めていく

まるで将棋のような頭脳戦が繰り広げられている。

 

考えるための材料となる情報はすべて画面の中に存在する。

その情報の中からなにを読み取るかは自分次第。

情報をいかに手にして相手の行動を先読みし、効果的な一手を打てるかで勝敗が決する。

 

LoLをプレイすることで、状況を客観視して、それを判断する力が身につくところもLoLの魅力。

この思考の過程は、実世界にも応用できることでしょう。

 

まとめ

いかがでしょう。

LoLというゲームがどのようなゲームなのか少しは理解いただけたでしょうか。

 

相手の本拠地を破壊するという単純なゲームですが、その中にはさまざまな要素が含まれています。

キャラクター、ルーン、中立モンスター、お金、アイテムなど、それぞれの要素を駆使して戦略を考えていくそんなゲームです。

 

さらに、現実社会に応用できるような状況判断』を身につけることのできる、思考のトレーニングに最適なオンラインゲームであるとも思います。

 

あなたもよかったら、League of Legendsをプレイしてみませんか?

無料でプレイできますので、気軽に遊んでみてください。

>>League of Legends(公式ページ)

ココロに届いたらシェア!